『二度目のセッション、やはり感じる事も起こって来る事も違うものですね』

先日はありがとうございました。
『今回二度目のセッションでしたが、
やはり感じる事も起こって来る事も違うものですね。』


まず、今回はアニメソングなどのBGMの中で、そこから喚起されたイメージから自分がセクシーであることを否定していたことをセッション中に思い出しました。
翌日、ふっとルパンの峰不二子さんが浮かび、「あっ彼女はセクシーだけど、でも知的でもある」と初めて気付きました。何かヒラメキみたいな感じで。

女なら一日位峰不二子さんになってみたい、そうしたら、さぞかし男性の態度が違うのだろうし、男性を惑わせたり出来るのかしら?それまで単にそんな風に思っていたのです。
セクシーである事と知的であることが矛盾しないということを今まで理解していなかったのですね。
女性性やセクシーさを否定していたのは、家庭環境の中でそのように育てられたから。
私の深い部分に根強く形成されてしまっていたので、セクシャルな事を自然に肯定出来ないでいたのです。
最近は仕事が忙しく、女性であることすら忘れている自分がいました。

最初にサロンにお電話した頃がMAX辛かったのだろうと思いますが、(初回セッションで)ヒーリングを受けてエネルギーが整い、(次のセッションからは)アクセスバーズで手放して、また新しいエネルギーが生まれるようで、何かまた自分の体の中に柔らかい女性的なエネルギーがかもしだされたように感じました。

アクセスバーズを受けると脳の働きが良くなる感じがしました。
仕事の集中力が高まる、回転が速くなる等の変化があったようです。

仕事に忙殺され、気持ちが凄くしんどかったのですが、その渦からちょっと離れたくなり、早めに帰って来て、ゆっくり家族の為にご飯を作ったり、掃除したりする事が出来ました。
やらされ感満載の自己犠牲的な仕事が続いてましたが、NOはNOと言いたいと言う気持ちが高まり本来やりたかった事に少し気持ちが向き、何ヶ月も文学書が読めなかったのですが、楽しく読めている自分がいました。
(神奈川県・Arisyさま)