アクセスバーズ®ご感想


集中力がUPし、仕事もスムーズに楽にこなせるようになりました

今回のバーズは前の2回と違い、セッション中に様々な思いや、エネルギーが見え、
終わった後は静かな感じでした。
何を手放したか意識しないうちに、手放して行ったような感覚です。
鏡の中には気持ちが安定した、穏やかな笑顔の自分がいました。

暫くやっていなかった脳トレを再開しましたら、今までの中で一番良い順位になっていました。(同年代で1000人中6位)
嫌いなゲームはやらなかったりしたのもあるのかもしれませんが、4ヶ月止めていましたし、得点が稼げるPCでやっていないことを考えると不思議です。
多分アクセスバーズの効果だと思います。

この日曜日も初見の帳票と資料(どちらも英語で記載されている)を大量に読まなくてはならず、今までなら集中力が持続出来なかったのですが、7時間くらいで確認を終えられたのは、やはりアクセスバーズのお蔭かなと思っています。
有難うございました。
 (神奈川県・Arisyさま)

「本当に不思議です。驚きの連続体験でした」

静かな居心地のよいお部屋で、ゆったりとリクライニングチェアに身を預け、お話をしながら優しく頭に触れて頂く施術はとても心地良かったです。

頭の中にあるゴチャゴチャしたいらないモノが、スーッっと出て行く様な不思議な感覚でした。

始まってすぐは、少しだけノドが詰まるような感じがありましたが、時間がたつに連れて楽になりました。

後半、左ヒザの内側がつ~んと痛くなりました。
自分でも忘れていたのですが、昔、半月板を痛めた場所でした。
以前ケガをした部位に痛みが出ることはよくあるそうで、本当にその様になりびっくりしました。

施術の後はチョコレートが今までにない位美味しく感じました。
脳を使うと糖を消費するからでしょうか。
頭に触れられているだけなのに本当に不思議です。
色々と驚きの連続体験でした。
機会があればまた受けたいです。ありがとうございました。

神奈川県・りん子さま


「つかえていたものが、頭の先から抜けて行きました」

先日はありがとうございました。

ちょうど、残りの人生を考えた時に、何か新しいことに挑戦しようと、色々と行動し始めた時に、たまたま「アクセスバーズ」という言葉に出会いました。

自分の行動を妨げるストッパーを外したく、動き始めた所に、この施術に出会うのは、何か呼んでいたのかも知れません。ですので、何のためらいもなく、すんなりと施術を受けることが出来ました。

施術自体は、本当に触られているだけです。時間が経つのが遅く感じます。
施術中は話をしながらでも大丈夫とのことで、面白いですね。

施術を受けていると、人によって個人差があるようですが、自分の場合は、涙と唾がやたらと出てきたりと、特に悲しいことも嬉しいことも感じたわけではないのですが、勝手に涙が出てきました。
喉が詰まるような感じにも襲われました。しかし、最後にはそのつかえていたものが、頭の先から抜けて行きました。

まだ、初めて施術を受けたばかりですので、施術の効果というものを実感できるほどではありませんが、周囲からはタガが外れた感じと言われています。

これが自分を変えていく良いきっかけになったとも思いますので、また受けてみたいと思います。


神奈川県・T.Aさま



『二度目のセッション、やはり感じる事も起こって来る事も違うものですね』

先日はありがとうございました。
『今回二度目のセッションでしたが、
やはり感じる事も起こって来る事も違うものですね。』


まず、今回はアニメソングなどのBGMの中で、そこから喚起されたイメージから自分がセクシーであることを否定していたことをセッション中に思い出しました。
翌日、ふっとルパンの峰不二子さんが浮かび、「あっ彼女はセクシーだけど、でも知的でもある」と初めて気付きました。何かヒラメキみたいな感じで。

女なら一日位峰不二子さんになってみたい、そうしたら、さぞかし男性の態度が違うのだろうし、男性を惑わせたり出来るのかしら?それまで単にそんな風に思っていたのです。
セクシーである事と知的であることが矛盾しないということを今まで理解していなかったのですね。
女性性やセクシーさを否定していたのは、家庭環境の中でそのように育てられたから。
私の深い部分に根強く形成されてしまっていたので、セクシャルな事を自然に肯定出来ないでいたのです。
最近は仕事が忙しく、女性であることすら忘れている自分がいました。

最初にサロンにお電話した頃がMAX辛かったのだろうと思いますが、(初回セッションで)ヒーリングを受けてエネルギーが整い、(次のセッションからは)アクセスバーズで手放して、また新しいエネルギーが生まれるようで、何かまた自分の体の中に柔らかい女性的なエネルギーがかもしだされたように感じました。

アクセスバーズを受けると脳の働きが良くなる感じがしました。
仕事の集中力が高まる、回転が速くなる等の変化があったようです。

仕事に忙殺され、気持ちが凄くしんどかったのですが、その渦からちょっと離れたくなり、早めに帰って来て、ゆっくり家族の為にご飯を作ったり、掃除したりする事が出来ました。
やらされ感満載の自己犠牲的な仕事が続いてましたが、NOはNOと言いたいと言う気持ちが高まり本来やりたかった事に少し気持ちが向き、何ヶ月も文学書が読めなかったのですが、楽しく読めている自分がいました。
(神奈川県・Arisyさま)


『すぐに、いろいろ変化が起きてビックリしています。』

セッション中は、ゆったりとした雰囲気の中、頭に自然と浮かんでくる言葉でLeeさんと会話しながら、リラックスして受ける事が出来ました。
(外の)蝉の鳴き声が聞こえた時に、何か思い出したのか胸がザワッとしましたが、すかさずLeeさんが声を掛けて下さり、
安心してセッションに身を任せていられ、深いくつろぎの時間となりました。

セッション後は何だか頭と心がきれいにリセットされ、さっぱりしたのか、少女のように感じたままのことをLeeさんにお話ししていました。

セッション後帰宅して部屋着に着替える時に、アメリカに行った時に娘達にお土産として買ってきた薄いグリーンのフリルのついたキャミソールを着ました。初めてのことです。
だって、今までは自分の年齢に合わないと感じていたので。
でも、誰も着ないので、捨てられずに箪笥の肥やしになっていたのです。
素敵な雰囲気のお店で

「子供の為」と言いながら、実は自分が着てみたい憧れのある洋服だったのですね。
昨日は何も迷わずそれを選んで着ていました。
着たかった自分がいたことに、着た後で気づきました。


片付け・掃除が苦手で、お掃除のノウハウの本や掃除道具を買い込んだり検討したりしていましたが、一向に上手くいかなかったのです。
今朝食器を洗っている時に、あるイメージがふっと来ました。
それは、私が幼稚園生の時の授業参観に来た母が「『周りの子供たちは粘土で象や兎など作っているのに、うちの娘はミミズを作っていた』と大変落胆して帰ってきた」と父に言われた記憶でした。
私はその授業のことを鮮明に覚えていますが、粘土で丸くこねたものから細くまとめたり薄く伸ばしたりして、パン屋さんになった気持ちで自分としてはとても楽しかったのです。
でも、母の価値観には合わなかったのでした。
整理整頓したいのにそれが出来ないのは「自分のだらしない性格だ」と思っていましたが、あの時の粘土の形が蘇えった時、感じたのです。
「丸や棒がきれいに並べられ、美しく調和されたのを否定されたのだ。だから、普通の人が当たり前にできることを後回しにしてしまうのだ。」
今日は洗いカゴの中の食器を自分なりにきれいに並べてみました。いつもは無造作に並べていたのにです。笑。
そして、古く汚くなってリフォームしたくなっていたキッチンを磨いてみました。
子供みたいに無心になれた時間があり、その時は楽しかったです。

一日たって、鏡の中のしあわせな顔をした自分に会う事ができました。
思った以上に、いろいろなレイヤーで不要なエネルギーの解放が行われた感じがします。
確かに「繰り返し受けたら、どんどん変化するに違いない、これは凄い」と思いました。

(神奈川県・Arisyさま)